2020年01月24日

サクラローレルの想い出

サクラローレルが老衰で亡くなったそうです。
マヤノトップガン,マーベラスサンデーとの三強が魅力でした。
同期は早世した三冠馬ナリタブライアンなのですよね。
強力な個性を放った馬が揃った時代であったと言えます。
そんな中で天皇賞(春)と有馬記念を制覇しています。
凱旋門賞直前のフォワ賞での故障での引退が悔やまれます。
血統的にはロンシャンの芝はあっていたと思うのですよね。
種牡馬としてもサクラセンチュリーやローマンエンパイアを輩出。
現役時代ほどには目立たなかったけれど一応の成果を見せてくれました。
いつかまた向こうでのその走りを楽しみにしたいと思います。
posted by 森山樹 at 20:41| 話題

2020年01月11日

2019年度JRA賞

年度代表馬 リスグラシュー(牝5)
最優秀2歳牡馬 コントレイル(牡2)
最優秀2歳牝馬 レシステンシア(牝2)
最優秀3歳牡馬 サートゥルナーリア(牡3)
最優秀3歳牝馬 グランアレグリア(牝3)
最優秀4歳以上牡馬 ウインブライト(牡5)
最優秀4歳以上牝馬 リスグラシュー(牝5)
最優秀短距離馬 インディチャンプ(牡4)
最優秀ダートホース クリソベリル(牡3)
最優秀障害馬 シングンマイケル(騙5)

宝塚記念と有馬記念を取ったリスグラシューが当然の年度代表馬。
2019年当初にこれを予想出来た人は凄いなあと思います。
アーモンドアイかサートゥルナーリアの年になると思っていましたからね。
個人的には勝てなかったけれどアエロリットの活躍が印象に残ります。
安田記念と天皇賞(秋)では入着していますしね。
最優秀3歳牡馬はクリソベリルでも良かった気がするなあ。
サートゥルナーリアは来年に期待といったところでしょう。
ステイゴールド産駒のウインブライトとインディチャンプも楽しみ。
ウインブライトは海外2000mに専念させた方がいいような気もします。
posted by 森山樹 at 21:05| 話題

2019年11月05日

マヤノトップガンの想い出

マヤノトップガンが亡くなったそうです。
G1を4勝した名馬でありました。
サクラローレル,マーベラスサンデーとの三強も懐かしい。
また,ナリタブライアンとの激闘でも記憶される馬でありましょう。
個人的には初めて馬券を買った1996年の宝塚記念が思い出深い。
自分にとっての初勝利を齎してくれました。
それ以来,特に印象の深い馬だったと思います。
種牡馬としても重賞馬を出す等,まずまずの活躍を見せてくれました。
ありがとう。そして,おつかれさま。
いつか,また,向こうでその雄姿を見たいものです。
posted by 森山樹 at 19:24| 話題

2019年10月07日

凱旋門賞結果

凱旋門賞(ロンシャン:2400m 芝)
1着 ヴァルトガイスト(牡5) 父ガリレオ×母父モンスーン
2着 エネイブル(牝5) 父ナサニエル×母父サドラーズウェルズ
3着 ソットサス(牡3) 父シユーニ×母父ガリレオ
4着 ジャパン(牡3) 父ガリレオ×母父デインヒル
5着 マジカル(牝4) 父ガリレオ×母父ピヴォタル

エネイブルは三連覇ならなかったかあ。
というか,フォア賞を勝ったヴァルトガイストが9番人気は美味しい。
普通に強い馬だと思っていたので,低評価に驚きました。
こういう時に予想しないと駄目ですよね。
日本馬はキセキが最高位の7着。
ブラストワンピースとフィエールマンは散々な結果になりました。
まあ,或る意味でこれは予想通りかなあ。
日本の馬場とは違うので,長期滞在型じゃないと勝てない気がします。
ディープインパクトやオルフェーヴル級の馬でも勝てないのだから。
逆に今回はディアドラが出た方が面白かったかもしれません。
しかし,欧州競馬は相変わらずガリレオ産駒が席捲していますね。
また次回の遠征を期待したいと思います。
挑戦しないと勝てないのは事実なのですから。
posted by 森山樹 at 06:54| 話題