2019年10月30日

スワンS&天皇賞(秋)結果

G2 スワンS(京都:1400m 芝 稍重)
1着 ◎ダイアトニック(牡4) 父ロードカナロア×母父サンデーサイレンス
2着  モズアスコット(牡5) 父フランケル×母父ヘネシー
3着  マイスタイル(牡5) 父ハーツクライ×母父フォーティナイナー
4着  タイムトリップ(牡5) 父ロードアルティマ×母父ホークアタック
5着 △グァンチャーレ(牡7) 父スクリーンヒーロー×母父ディアブロ

ダイアトニックは当たりだったけど,結局一番人気だったんですね。
重賞初制覇で今後に期待が持てそうな感じ。
モズアスコットも復活の2着。
マイルチャンピオンシップに繋がるのかなあ。
ダイアトニックあたりが活躍すると面白そうですけれどね。
1200〜2000mあたりではロードカナロア産駒が鉄板な気がします。

G2 スワンS(京都:1400m 芝 良)
1着 ◎アーモンドアイ(牝4) 父ロードカナロア×母父サンデーサイレンス
2着 ▲ダノンプレミアム(牡4) 父ディープインパクト×母父インティカブ
3着 〇アエロリット(牝5) 父クロフネ×母父ネオユニヴァース
4着  ユーキャンスマイル(牡4) 父キングカメハメハ×母父ダンスインザダーク
5着  ワグネリアン(牡4) 父ディープインパクト×母父キングカメハメハ

結果的にはアーモンドアイが現役最強馬であることを実証しましたね。
前走はやはり出だしの不利が全てだったのかなあ。
一方でサートゥルナーリアは着外に沈んでしまいました。
此方は東京優駿に続いて気性にやや問題を感じさせますね。
中距離ではアエロリットの安定性も素晴らしい。
今後も勝ち切らなくとも入着を繰り返しそうな気がします。
posted by 森山樹 at 21:39| レース結果

2019年10月22日

富士S&菊花賞結果

G3 富士S(東京:1600m 芝 稍重)
1着  ノームコア(牝4) 父ハービンジャー×母父クロフネ
2着 ×レイエンダ(牡4) 父キングカメハメハ×母父シンボリクリスエス
3着  レッドオルガ(牝5) 父ディープインパクト×母父ダンシングブレーヴ
4着  クリノガウディー(牡3) 父スクリーンヒーロー×母父ディアブロ
5着  カテドラル(牡3) 父ハーツクライ×母父ロックオブジブラルタル

骨折休養明けのノームコアが完全復活。
そして,アドマイヤマーズは7着惨敗。
まあ,順位ほどには負けていない印象もありますが。
57kgという斤量が厳しかったのかなあ。
マイルCSでの取捨選択が悩ましいです。

G1 菊花賞(京都:3000m 芝 良)
1着 ×ワールドプレミア(牡3) 父ディープインパクト×母父アカテナンゴ
2着  サトノルークス(牡3) 父ディープインパクト×母父サドラーズウェルズ
3着  ヴェロックス(牡3) 父ジャスタウェイ×母父モンスーン
4着  ディバインフォース(牡3) 父ワークフォース×母父ゼンノロブロイ
5着 〇メロディーレーン(牝3) 父オルフェーヴル×母父モティヴェーター

サトノルークスかなあと思ったら最後にワールドプレミアが来ました。
ヴェロックスの3着は結構頑張ったと思います。
ただ,本質的には中距離馬だと思うけれどね。
G1級かと言われると微妙な気もします。
来年の鳴尾記念あたりを圧勝しそうな気がしないでもない。
そして,メロディーレーンが大奮闘してくれました。
こっちは2500m以上で面白そう。
日経新春杯とかで来ても驚きません。
後は人気薄の時のエリザベス女王杯で2着くらいに突っ込みそうかなあ。
posted by 森山樹 at 18:52| レース結果

2019年10月17日

秋華賞&府中牝馬S結果

G1 秋華賞(京都:2000m 芝)
1着 クロノジェネシス(牝3) 父バゴ×母父クロフネ
2着 カレンブーケドール(牝3) 父ディープインパクト×母父Scat Daddy
3着 シゲルピンクダイヤ(牝3) 父ダイワメジャー×母父High Chaparral
4着 シャドウディーヴァ(牝3) 父ハーツクライ×母父Dansili
5着 ビーチサンバ(牝3) 父クロフネ×母父サンデーサイレンス

久々のクロノジェネシスは思った以上に強かったという印象。
ダノンファンタジーはやっぱり前哨戦までの馬なのかなあ。
カレンブーケドールが抜けたのは痛かった。
他は結構予想通りだったのですけれどね。
勿論,偶然ですが。
シゲルピンクダイヤは今後も重賞3着くらいで安定しそうな気がします。

G2 アイルランドトロフィー府中牝馬S(東京:1800m 芝)
1着 スカーレットカラー(牝4) 父ヴィクトワールピサ×母父ウォーエンブレム
2着 フロンテアクイーン(牝6) 父メイショウサムソン×母父サンデーサイレンス
3着 ラッキーライラック(牝4) 父オルフェーヴル×母父Flower Alley
4着 オールフォーラヴ(牝4) 父ディープインパクト×母父キングカメハメハ
5着 クロコスミア(牝6) 父ステイゴールド×母父ボストンハーバー

ラッキーライラックとフロンテアクイーンは好走してくれました。
但し,スカーレットカラーが抜け。
1番人気のプリモシーンは信頼出来ないとは思ったけど,流石に負け過ぎ。
今回の結果は度外視していいのかもしれません。
2着,3着はエリザベス女王杯でも面白いかなと思っています。
posted by 森山樹 at 05:40| レース結果

2019年10月06日

毎日王冠&京都大賞典結果

毎日王冠(東京:1800m 芝)
1着 ダノンキングリー
2着 アエロリット
3着 インディチャンプ
4着 ペルシアンナイト
5着 ランフォザローゼス

ダノンキングリーが予想以上に強かった。
アエロリットも良く粘ったなあとは思うけれど。
天皇賞(秋)が面白くなってきましたね。
2000mならサートゥルナーリアとダノンキングリーのどちらが強いかな。
アエロリットも路線が気になります。

京都大賞典(京都:2400m 芝)
1着 ドレッドノータス
2着 ダンビュライト
3着 シルヴァンシャー
4着 ノーブルマーズ
5着 エタリオウ

大波乱の決着となりました。
圧倒的人気のグローリーヴェイズが飛んだのが大きいなあ。
エタリオウはもう少し頑張って欲しかった。
しかし,天皇賞(秋)の前哨戦にはならないなあ。
アルゼンチン共和国杯やステイヤーズSに繋がる気がします。
posted by 森山樹 at 19:22| レース結果