2020年07月12日

2020年前半を振り返って

2020年前半のGI結果は以下の通り。
フェブラリーS:1着 モズアスコット 2着 ケイティブレイブ
高松宮記念:1着 モズスーパーフレア 2着 グランアレグリア
大阪杯:1着 ラッキーライラック 2着 クロノジェネシス
桜花賞:1着 デアリングタクト 2着 レシステンシア
皐月賞:1着 コントレイル 2着 サリオス
天皇賞(春):1着 フィエールマン 2着 スティッフェリオ
NHKマイルC:1着 ラウダシオン 2着 レシステンシア
ヴィクトリアマイル:1着 アーモンドアイ 2着 サウンドキララ
オークス:1着 デアリングタクト 2着 ウインマリリン
日本ダービー:1着 コントレイル 2着 サリオス
安田記念:1着 グランアレグリア 2着 アーモンドアイ
宝塚記念:1着 クロノジェネシス 2着 キセキ

とにかく古馬牝馬の活躍が目立った2020年前半のGIでした。
宝塚記念のクロノジェネシスは圧巻でしたね。
馬場が良ければラッキーライラックも上位に来ていた筈。
アーモンドアイを加えたこの三頭が中距離の軸になりそうです。
天皇賞(秋)あたりで三強激突して欲しいですね。
サートゥルナーリアの輝きが失せつつあるのは残念かなあ。
コントレイルとデアリングタクト,2頭の二冠馬の誕生も楽しい。
どちらも三冠を目指して欲しいけれど,どうでしょうか。
ブラックホールやヴェルトライゼンテあたりは長距離で楽しみ。
マイルから短距離はグランアレグリアの安定感が光ります。
惜しいレースが続くレシステンシアにも期待します。
posted by 森山樹 at 21:45| 雑文