2019年12月27日

阪神C&有馬記念結果

G2 阪神カップ(阪神:芝 1400m 良)
1着 ◎グランアレグリア(牝3) 父ディープインパクト×母父タピット
2着  フィアーノロマーノ(牡5) 父ファストネットロック×母父ライオンハート
3着  メイショウショウブ(牝3) 父ダイワメジャー×母父キングカメハメハ
4着  レッツゴードンキ(牝7) 父キングカメハメハ×母父マーベラスサンデー
5着 ×ノーワン(牝3) 父ハーツクライ×母父カーリアン

やっぱりグランアレグリアは強いなあ。
1200mは短いかもしれないけれど,マイル戦線は上位に来そう。
ヴィクトリアマイルなんて絶好の舞台だよね。
そして,レッツゴードンキは本当にしぶといなあ。
掲示板を4頭の牝馬が占めるというのも面白かったです。
牝馬のレベルが本当に高い年でしたね。

G1 有馬記念(中山 芝:2500m 良)
1着 〇リスグラシュー(牝5) 父ハーツクライ×母父アメリカンポスト
2着  サートゥルナーリア(牡3) 父ロードカナロア×母父スペシャルウィーク
3着 ◎ワールドプレミア(牡3) 父ディープインパクト×母父アカテナンゴ
4着  フィエールマン(牡4) 父ディープインパクト×母父グリーンチューン
5着  キセキ(牡5) 父ルーラーシップ×母父ディープインパクト

リスグラシューが引退レースで最高の競馬をするというのが素敵。
そしてアーモンドアイが9着惨敗というのも逆に驚きました。
サートゥルナーリアが抜けたのは残念でありました。
予想通りにワールドプレミアがいい走りをしてくれたので満足です。
良馬場じゃなければステイゴールド系も出番があったのかなあ。
posted by 森山樹 at 21:05| レース結果