2019年11月14日

武蔵野S&福島記念&エリザベス女王杯結果

G3 武蔵野S(東京:1600m ダート 良)
1着  ワンダーリーデル(牡6) 父スタチューオブリバティ×母父マヤノトップガン
2着  タイムフライヤー(牡4) 父ハーツクライ×母父ブライアンズタイム
3着  ダノンフェイス(牡6) 父キングカメハメハ×母父アグネスタキオン
4着  ダンツゴウユウ(牡5) 父バンブーエール×母父サクラバクシンオー
5着  サンライズノヴァ(牡5) 父ゴールドアリュール×母父サンダーガルチ

大外れもいいところ過ぎて,逆に清々しいです。
というか,3連単で235万円とか絶対に当たらないなあ。
ダートはやはり苦手過ぎます。

G3 福島記念(福島:2000m 芝 良)
1着 〇クレッシェンドラヴ(牡5) 父ステイゴールド×母父サドラーズウェルズ
2着  ステイフーリッシュ(牡4) 父ステイゴールド×母父キングカメハメハ
3着 ◎ミッキースワロー(牡5) 父トーセンホマレボシ×母父ジャングルポケット
4着 ×ウインイクシード(牡5) 父マンハッタンカフェ×母父ボストンハーバー
5着  レッドローゼス(牡5) 父ステイゴールド×母父ガリレオ

そんなに悪い予想ではなかったけれど,ステイフーリッシュが抜けました。
ステイゴールド産駒のワンツーはちょっと嬉しいですね。
クレッシェンドラヴはG1には足りないかなあ。
ローカルの中距離では結構有力な勢力となりそうな気がします。

G1 エリザベス女王杯(京都:2200m 芝 良)
1着 △ラッキーライラック(牝4) 父オルフェーヴル×母父フラワーアレイ
2着  クロコスミア(牝6) 父ステイゴールド×母父ボストンハーバー
3着  ラヴズオンリーユー(牝3) 父ディープインパクト×母父ストームキャット
4着 〇センテリュオ(牝4) 父ディープインパクト×母父エンドスウィープ
5着 ◎クロノジェネシス(牝3) 父バゴ×母父クロフネ

此方もステイゴールド系がワンツー勝利を収めました。
ラッキーライラックは久しぶりのG1勝利で復活を印象付けました。
桜花賞まではアーモンドアイよりも評価が高かった馬ですからね。
父がオルフェーヴルなので成長力もありそうです。
今後も更なる躍進が期待出来るかもしれません。
クロコスミアは3年連続でこのレース2着。
これもまた珍しい記録でありましょう。
posted by 森山樹 at 21:54| レース結果