2019年10月22日

富士S&菊花賞結果

G3 富士S(東京:1600m 芝 稍重)
1着  ノームコア(牝4) 父ハービンジャー×母父クロフネ
2着 ×レイエンダ(牡4) 父キングカメハメハ×母父シンボリクリスエス
3着  レッドオルガ(牝5) 父ディープインパクト×母父ダンシングブレーヴ
4着  クリノガウディー(牡3) 父スクリーンヒーロー×母父ディアブロ
5着  カテドラル(牡3) 父ハーツクライ×母父ロックオブジブラルタル

骨折休養明けのノームコアが完全復活。
そして,アドマイヤマーズは7着惨敗。
まあ,順位ほどには負けていない印象もありますが。
57kgという斤量が厳しかったのかなあ。
マイルCSでの取捨選択が悩ましいです。

G1 菊花賞(京都:3000m 芝 良)
1着 ×ワールドプレミア(牡3) 父ディープインパクト×母父アカテナンゴ
2着  サトノルークス(牡3) 父ディープインパクト×母父サドラーズウェルズ
3着  ヴェロックス(牡3) 父ジャスタウェイ×母父モンスーン
4着  ディバインフォース(牡3) 父ワークフォース×母父ゼンノロブロイ
5着 〇メロディーレーン(牝3) 父オルフェーヴル×母父モティヴェーター

サトノルークスかなあと思ったら最後にワールドプレミアが来ました。
ヴェロックスの3着は結構頑張ったと思います。
ただ,本質的には中距離馬だと思うけれどね。
G1級かと言われると微妙な気もします。
来年の鳴尾記念あたりを圧勝しそうな気がしないでもない。
そして,メロディーレーンが大奮闘してくれました。
こっちは2500m以上で面白そう。
日経新春杯とかで来ても驚きません。
後は人気薄の時のエリザベス女王杯で2着くらいに突っ込みそうかなあ。
posted by 森山樹 at 18:52| レース結果